FC2ブログ
topimage

2019-11

玄圃梨のカッティングボード - 2010.07.16 Fri

玄圃梨…
ほんとに梨の実がなる木なんですって!

木目に垂直に模様が入っていて
木目とその模様に光沢があり、とても印象的な模様を織りなしています。

玄圃梨のカッティングボード

現在の自宅でのレッスンが一段落した記念に…。

その美しさと存在感…
ずっと大切にしていきたいです。

食べられる実がなる木…ってところにも魅かれるんですけど…
やっぱり食いしん坊…って笑われそう…。
関連記事

● COMMENT ●

充電ですね。

食いしん坊なkazuさん

ひと段落ですね。

僕が始めてお会いしたのは、去年でしたね。
気がついたら、ぱんを一緒に試作していて、もの凄いスピードで仲良くなっていましたねー。

それから、僕の木の道具を使って頂くことになって、あっという間に今ですね。

食いしん坊過ぎて、塗る用に渡した胡桃を食べちゃうという事件もありましたが(笑)
木の道具の使いっぷりを毎回blogで拝見していますが、見ていて気持ちがいいです。

これだけ使い倒せるのは、やっぱり木との相性と道具の本質を感覚的にわかっているんだなと感心してしまいます。

新しいアトリエでも、使い込んだ道具のかっこよさ、道具を育てる楽しさを多くの人に伝えてもらえたらなと思っています。

村松さんへ

いつもありがとうございます。
ほんと…去年お会いしたとは思えないような存在感ですね~。

村松さんの木皿に初めて対面した時の衝撃は
ハート♡にビビビッて感じでしたよ。

もともと木が好きだったからなのか
どうしてもオリーブの木のまな板が欲しくて夢中になって探しまわったことがありました。
今でこそCONRAN SHOPなどに少し置いてあったりしますが、当時は全然なくて、
イタリアの食材専門の輸入会社にやっと見つけたのが6年前…。

だけど村松さんの木皿を手にした時、
日本の木で、
こんなに美しくて個性豊かで
ダイナミックでいてあたたかい
民芸調とも調度品とも違う
普段の生活の中で使い込んでいきたくなるような
木の道具があるんだということに気がついて心揺さぶられました。

木といっても切られて製材されているのに
木皿が呼吸していることを実感したり、
呼吸を止められていない木の道具の手触りの良さを感じたりするうち、
なんだかとても愛しくなって、
ちいさなしあわせ感じています。

使い込んだ木の道具のかっこよさ…
わたし自身もすっごく楽しみです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tetepan.blog50.fc2.com/tb.php/99-302ab49a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

青トマトのジャム «  | BLOG TOP |  » プレゼントぱん覚え書き

categories

profile              

kazu

Author:kazu
自宅のアトリエで、ちいさな天然酵母ぱんの会を開いてます。
カラダにやさしく、ココロがしあわせ~になるような、美味しいぱんを作るお手伝いできたらうれしいです♡
チクチク♪シャカシャカ♪手しごとの会も開催中〜アトリエにて*
手から手に伝わっていくように少しずつ…
何気ない日常にちいさなしあわせを見つけられるように〜♡

recent entries

mail

Your Full Name:
Mail Address:
Title:
Message:

thank you for your comments

Search

QR Code

QRコード